2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夜市 (角川ホラー文庫)夜市 (角川ホラー文庫)
(2012/10/01)
恒川 光太郎

商品詳細を見る


初めましての作家さんです。
kindleのカドカワのキャンペーンで目がとまり、読んでみました。


━─━─━─━─━─
妖怪たちが様々な品物を売る不思議な市場「夜市」。
ここでは望むものが何でも手に入る。

小学生の時に夜市に迷い込んだ裕司は、
自分の弟と引き換えに「野球の才能」を買った。
野球部のヒーローとして成長した裕司だったが、
弟を売ったことに罪悪感を抱き続けてきた。

そして今夜、弟を買い戻すため、裕司は再び夜市を訪れた――。
奇跡的な美しさに満ちた感動のエンディング!
魂を揺さぶる、日本ホラー小説大賞受賞作。
━─━─━─━─━─

表題作の「夜市」と「風の古道」の2作品を収録。
個人的に好みだったのは「風の古道」でした。

両作品とも、ちょっとした異世界にふとした瞬間に迷い込んでしまうお話。
ホラー大賞ということですが、背筋が凍るようなものではなく
いろいろな方も評されていますが、
ホラーファンタジー?ファンタジーホラー?という世界観でした。


「夜市」

入ったからには、何かを買わずには出られない夜市。
しかし売っているものは、非合法なものなど、まるで欲しいものとは思えず
しかも法外な値段・・・
裕司と、彼に誘われて一緒に来たいずみ
二人がどうやってこの場所から出るのか・・・
弟くんは本当に見つかるのか?一緒に帰ることができるのか?
などなそ、興味深かったです。
後半のストーリーは、なるほど、そうつながるのか・・・と思いながら。


「風の古道」

夜市は、決して入りたいと思える場所ではありませんでしたが
こちらは、その世界を少し覗いてみたいと思える場所。
実際、こんなに年を取ってしまった自分には、無理なのでしょうけれど
子どもがうっかり入ってしまうことのできる
日本に昔からある古道。

カズキに中盤で起きる出来事にはびっくりし
レンの過去やカズキの結末など、色々悲しいものがありました。



「夜市」で訪れる世界は、なかなかに怖いものがありますが
「風の古道」では、そうでないところが惹かれたところかもしれません。


日常を、ちょっと離れたところに異世界があって
その異世界で過ごす非日常・・・
ファンタジー好きならば、しっくり来る作品ではないかと思います。
ただし、角川ホラー文庫。決してHappyだけでは終わりませんが。。。

恒川さん、他の作品もキャンペーンの対象になっているみたいなので
次は長編を読んでみたいと思わせてくれる作家さんでした。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。