2017 / 03
≪ 2010 / 09 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2010 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年3月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:4707ページ
ナイス数:83ナイス

黄昏の岸 暁の天 十二国記 (新潮文庫)黄昏の岸 暁の天 十二国記 (新潮文庫)感想
長らく積ん読だった1冊。だってこれを読んでしまうと、続きがしばらく読めませんからね。。。0作目に当たる「魔性の子」で、蓬莱に流された泰麒を捜索する、十二国記側からの物語。10代の頃に「???」となりながら読み終えた「魔性の子」がこうしてこのようにつながるとは・・・壮大な伏線が張られているファンタジーというのは、何歳になっても楽しませてくれますね♪
読了日:3月7日 著者:小野不由美
さいごの色街 飛田さいごの色街 飛田感想
2月末に連続して読んだ吉原関連の小説から派生して、現代にも残る色街を取材した本作を手に取りました。大阪北部で育った私は、この町のことをこの本が出るまで(刊行当初、話題になってた記憶があります)知りませんでした。実際、本を読んでその世界を知って・・・料亭という制度も知らなかったので、純粋に勉強になりました。ただやはりしかし、他の方のレビューでも触れられていますが、作者の後書きの一文はいただけないものがあります。せめて前書きに持ってくれば良いのに。。。。
読了日:3月8日 著者:井上理津子
キング誕生 池袋ウエストゲートパーク青春篇 (文春文庫)キング誕生 池袋ウエストゲートパーク青春篇 (文春文庫)感想
IWGPシリーズは、しばらくお休みと聞いていたので、未読作品が並んでいるのを発見して、テンションあがりました♪マコトの友人?タカシがどうやって池袋のキングになったかという物語です。感想としては、なんかずいぶんアッサリでもあるなぁ、というもの。池袋というか東京って本当にこんな街なのか?と思うと、東京怖い・・・ってなります★
読了日:3月8日 著者:石田衣良
終物語 (上) (講談社BOX)終物語 (上) (講談社BOX)感想
ここにきてまだ登場人物というか、ヒロイン増やす!?と思いながら、育ちゃんの話は読んでました。扇ちゃんは不気味★羽川は強いなぁ~。
読了日:3月12日 著者:西尾維新,VOFAN
終物語 中 (講談社BOX)終物語 中 (講談社BOX)感想
長らく謎だった、猫物語につながる時間の空白が埋まって満足です。しかし、猫物語を書いた時点で、この展開まできちんと設定していたんですかねぇ、、、作者さんは。。。少々時間軸がこんがらがってきたので、まとめサイトで頭を整理しつつ。神原×阿良々木くんの掛け合いが、ヒロインたちとの会話では一番好き♪
読了日:3月14日 著者:西尾維新
終物語 (下) (講談社BOX)終物語 (下) (講談社BOX)
読了日:3月15日 著者:西尾維新,VOFAN
暦物語 (講談社BOX)暦物語 (講談社BOX)
読了日:3月23日 著者:西尾維新
埋み火 (双葉文庫)埋み火 (双葉文庫)感想
なかなか他に見ない、消防士を主人公としたシリーズ。鎮火報に引き続き楽しめました。続きはいつ出るのかしら?
読了日:3月24日 著者:日明恩
続・終物語 (講談社BOX)続・終物語 (講談社BOX)感想
シスコンって零崎にーちゃんでいいんでしょうか?未完の世界シリーズの内容をもう忘れてしまったので、多分そうだと思っているのですが。。。物語シリーズも、これにて一段落!巻末にまた予告が出ていましたが、またある程度たまったら読もうかな。。。新シリーズもいいですが、りすかや上述の世界シリーズもきちんと完結させて欲しいなぁと思いつつ。余接ちゃんのパンツルックは映像で見てみたいなぁ~
読了日:3月28日 著者:西尾維新,VOFAN
憎悪のパレード 池袋ウエストゲートパークXI憎悪のパレード 池袋ウエストゲートパークXI感想
マコトとタカシがなんやかんやで事件を解決する安定の面白さ。10巻では存在感がなかった妹も、11巻では再登場して一安心。さて次は何をテーマに持ってくるのかな??昨今の日本の情勢が、テーマに事欠かない状況であることを良いのか悪いのか憂いつつ・・・マコトがきちんと年齢を重ねた描写もあるし、きちんとそろそろ完結して欲しい気もしなくもないシリーズです。
読了日:3月29日 著者:石田衣良
ミレニアム2 上 火と戯れる女ミレニアム2 上 火と戯れる女感想
なんで自分、図書館で続きを借りておかなかった!?と後悔するぐらいの面白さ!!続編はどういう感じで始まるのかな?とカタカナ苦手な私は少々不安でしたが、1と変わりない面々で一安心。リスベットが少しずつ変化しながらも、どうミカエルたちに絡んでくるのかドキドキしていましたが。。。まさかの上巻クライマックス、こうもえぐい展開が待っていたとはびっくりです。リスベットが彼らを訪ねたシーンは全て「彼女は」という記述で、リスベットと特定できないようになっているので、安心してはいますが、、、続きはどうなるのかな??
読了日:3月30日 著者:スティーグ・ラーソン
三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)三匹のおっさん ふたたび (新潮文庫)感想
文庫化での再読。ドラマの第1弾でもこの「ふたたび」のネタは結構すでに使われてしまっていたのを再確認。それでも第2弾をやろうって言うのですから、その内容には期待したいですね!
読了日:3月31日 著者:有川浩

読書メーター


━─━─━─━─━─

先月の近況でも触れたように、地元図書館の活用が再スタートの3月。
続きが気になっていた物語シリーズや、
シリーズ再開を知った、IWGP
有川さん再読など、新規開拓はできなかった3月でした。


ちょうど一週間後の今頃、現在のマンションを引き払う感じです。
5月はブログ更新増える・・・かな?

以前少し触れた、今いる場所の風景印集めなど
書きたいことはたまっているんですけれどね。。。
スポンサーサイト

【承認待ちコメント】
このコメントは管理者の承認待ちです
【Re: ドキドキしながら書き込みしてます!】
>bateau様

コメントありがとうございました。
公開すると、そちらのアドレスが見えてしまうので、非公開にさせて頂きます^^;

こんな更新頻度の少ないブログに、とても励ましのあるお言葉を頂き、
本当にありがとうございます。
読んで頂いた方にとって、少しでもなにかを届けることができるよう
拙いブログではありますが、マイペースに頑張っていきます^^;
この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。