2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化の日です。水曜日です。レディースディです。
2週連続の、映画鑑賞です。

本日見たのは、大奥。
公式サイトはこちら→

━─━─━─━─━─
江戸時代、
男だけに感染するナゾの疫病がまん延し、
日本の8割の男が死に絶えた。

女が要職に就き、男が体を売る男女が逆転した世の中に、
ひとりの女将軍に3000人の美しい男たちが仕える
女人禁制の大奥があった。

武士道を追い求める青年・水野祐之進は、
貧しい旗本の実家を救うため、
またかなわぬ恋の相手・お信への思いを断ち切るため、
大奥にあがることを決意する。  ――映画.comより
━─━─━─━─━─

劇場は、女性だらけでした・・・。

正直、男子が見ても
あまり楽しくない映画だとは思います。

女子には、萌える要素がたくさんあると思えるんですけどね。
なんたって主演がニノちゃんですし
そのニノちゃんの男とのキスシーンを含め
BLを連想させる様々なシーンは
腐女子なら、萌えるでしょうし(笑)

結局は、大奥なので
様々なそれぞれの思惑が渦巻いてはいるものの
知恵、策略ばかりで、実力行使に出るわけではないので
男子が好きそうな、派手な戦闘シーンもないわけであります。
なので、男子にはお勧めできません。。。


原作マンガが完結しているのかどうか、知らないのですけれど
映画のストーリーは・・・正直、微妙でした。

結局、何を言いたかったのかが伝わってこなかったです。
キャストの顔ぶれ、衣装の豪華さに目を見張るものの
心に残る・・・というシーンは、残念ながら自分にはなくて。。。

水野が順調に出世し、予想通りの展開なった後
まさかの彼に待っていた事にはびっくりしましたが
どんでん返し(?)があることが、
そのシーンの前にはっきり示唆されたので、特に驚きもなく・・・


とはいえ、なんやかんやで
決して「腐女子じゃない!」とは言い切れない私は
楽しんでいたんですけどね( ´艸`)★


しかしニノちゃん、月代が似合うなぁ~

あの髪型が、あぁも決まる顔立ちの俳優さんって
そうそういない気がします。頭のカタチが大事ですしね。

現に、大奥に勤める男子のほとんどは、剃ってませんでした。
ただ、ニノちゃんが大出世を果たした後、
あの髪型が大奥内に流行っている、というのにはニヤリとしました。
ラストシーンで確認できます♪
ニノちゃんが大奥に来たときは、みんなでバカにしていたのに
あれ??となっちゃいます。

いつの世も、人間って現金なもののようですねw
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。