2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




2013年本屋大賞11位入賞作品を読みました。

━─━─━─━─━─
なぜ「あの男」を自らの手で殺めることになったのか―。
老齢の光圀は、水戸・西山荘の書斎で、
誰にも語ることのなかったその経緯を書き綴ることを決意する。

父・頼房に想像を絶する「試練」を与えられた幼少期。
血気盛んな“傾奇者”として暴れ回る中で、宮本武蔵と邂逅する青年期。
やがて学問、詩歌の魅力に取り憑かれ、水戸藩主となった若き“虎”は
「大日本史」編纂という空前絶後の大事業に乗り出す―。

生き切る、とはこういうことだ。
誰も見たこともない「水戸黄門」伝、開幕。
━─━─━─━─━─

え、これ11位ですか?
めちゃめちゃ読み応えあって、
少なくとも直近で読んだ2013年入賞作より断然いいと思います!

単行本で750ページもあって、持ち歩くには非常に不向きで
なかなか手の伸びなかった一冊だったんですが
読み始めたらもう、止まりませんでした!

テレビでやっている水戸黄門とはまた違う
義を求め、それを生涯かけて全うした、熱い男の生涯を描く一冊。

自分の時代の受験日本史では、徳川光圀という人は
「大日本史」を編纂した人というぐらいの扱い、でした。


四男でありながら世継ぎであったこと、しかも同腹の兄もいるのに・・・
詩作を追い求めたということ
徳川三家、学者関係、皇室といった幅広い交友関係
読めば読むほど、知らなかった水戸光圀という人が見えてきて
それが単純にとても面白かったです。
だから逆に、時代小説が苦手という方には、とっつきにくいかもしれません。。。

世継ぎであるべきでない自分が、水戸藩の世継ぎとなってしまったこと
その不義をいかに正すかと悩み続け
自らの子さえ・・・という覚悟をもつ光圀。

信念を持って不義を義とした彼の姿
それを支えた周りの人達の心強さ、あたたかさ
新しいことにも様々に挑戦する姿
・・・感動しました!
だからこそ、中盤(地の章(三))の展開は本当に辛かったです。。。

「天地明察」で出てきた人たちも、少し顔を見せるという
嬉しい演出もありました。
冲方丁さんにはもっとこの時代の偉人たちの時代小説を書いて欲しいです。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。