2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



続きを読みたい6月、スタートです。
まずはGOSICK!!

━─━─━─━─━─
時は1930年代初頭、ニューヨーク。
超頭脳“知恵の泉”を持つ少女ヴィクトリカは探偵事務所を構え、
久城一弥は新聞社で働いている。

街は好景気に沸き、禁酒法下の退廃が人々を闇へと誘う。
ある日、闇社会からの依頼人がヴィクトリカを訪れ、
奇怪な連続殺人の解決を依頼する。
一方、一弥は「心の科学で人々の精神的外傷を癒やす」という
精神分析医のもとに取材に向かっていた。

やがてすべての謎はひとつに繋がり、恐るべき陰謀が姿を現す―。
新シリーズスタート!!
━─━─━─━─━─

望んではいたものの、綺麗に完結したシリーズなので
その続編が出たことが、とても嬉しいです♪

このREDは新シリーズの2冊目であり
1冊目として「GOSICK BLUE」があります。
アメリカにやってきて初日から、大事件に巻き込まれる二人でした。

その事件で縁あって、新聞社に就職した久城。
探偵事務所を開くことになったヴィクトリカ。
二人の生活がなんとか安定してスタートしてるようで何よりです。

しかし巻き込まれる事件は、イタリアンマフィアが絡んでいて
しかも久城の新聞に取材された人物が、連続して殺されるという
なんとも穏やかでない事件・・・。


メインとなる事件の展開は、王道というか何というか
奇をてらったモノではなかったので、安心して成り行きを見守りつつ
(勿論、マフィアに囲まれたり、暗殺!?なんていうドキドキシーンもありますが)

正直、すっかり冒頭の描写を忘れていたので
最終盤の展開は、「おぉ、そういえば・・・・・」と思い出し
今後のシリーズ化を期待して良いのかな??と、
不穏な空気とは裏腹に、読者としては今後の展開に期待してみたり♪

しっかし、グレヴィール兄ちゃん・・・!!
本編再登場は、、、もうないのかな??
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。