2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エンキョリレンアイ (新潮文庫)エンキョリレンアイ (新潮文庫)
(2010/02/26)
小手鞠 るい

商品詳細を見る



小手鞠さんの作品です。タイトルに惹かれました。
読んだのは図書館で借りた単行本ですが
この冬に、文庫化しているようです。

━─━─━─━─━─
何もいらない、ただあなたに会いたい。

22歳の誕生日、書店アルバイトの桜木花音は、
アメリカ留学を翌日に控えた井上海晴と、運命の恋に落ちる。

やがて、遠く遠くはなれたふたり、
それでもお互いを思わない日はなかった。

東京/NY10000キロ、
距離を越え、時間さえ越えて、
ことばを通わす恋人たちを待つのは驚きの結末だった。

涙あふれる十三年間の恋物語。
恋愛小説3部作第1弾。
━─━─━─━─━─

おや?
これ、3部作なのですか??
それは、続きを探して是が非でも読まないと♪


遠距離恋愛―――
就職で、京都での学生生活から東京に戻る彼女と
たまたま京都に来ていて、これから東京に戻り
そして、アメリカに留学する彼の物語。


二人の出会いは、京都駅近くの本屋さん!!

これ、間違いなく、京都駅南側にあるアバンティのこと!
京都駅は、仕事で週に一回以上行く場所です。
アバンティ6Fの本屋さんにも、何度かお世話になってます。
なので、冒頭のシーンから、すごく好きになれてしまいました^^


13年前のエンキョリレンアイのことを語るお話。
90年代のお話。
二人の連絡を取り合う手段は
メールか、手紙かがほとんど。

今なら、skypeがあるのになぁ。。。
と、skypeユーザーの私は、思わざるを得ません・・・。
無料通話が可能なツールって、無敵ですね☆
とはいえ、この二人には時差もありますが
それでも、聞きたいときに声が聞けるのと、そうでないのでは
かなり大きな違いが・・・


13年間
この二人にそれだけの時間が空いてしまったのには
大きなすれ違いがあったからなんですよね。

すれ違っていく様を読んでいる間は、悲しかったです。
海晴のバカ―!!って、叫びたくなります。
だから、明かされる真相には、救われもするのですが。。。


ラストシーンは、ありえないと思います。
だからこそ、いいじゃない!!
小説の世界なんだから、ありえないエンディングだっていいじゃない!
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。