2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


風味絶佳風味絶佳
(2005/05/15)
山田 詠美

商品詳細を見る



映画化もされた作品「風味絶佳」を読みました。
映画も原作も触れたことがないので、初めて触れる作品です。
キャラメルみたいな装丁は、実際にめくるとキャラメルだらけ☆


━─━─━─━─━─
「甘くとろけるもんは女の子だけじゃないんだから」。
孫にグランマと呼ぶことを強要する祖母・不二子は
真っ赤なカマロの助手席にはボーイフレンドを、
バッグには森永ミルクキャラメルを携え、
70歳の今も現役ぶりを発揮する――。

鳶職の男を隅から隅まで慈しみ、彼のためなら何でもする女、
「料理は性欲以上に愛の証」とばかりに、
清掃作業員の彼に食べさせる料理に心血を注ぐ元主婦など、
お互いにしかわからない本能の愛の形を描いた珠玉の6篇を収録。

山田詠美が作家生活20年目に贈る贅を尽くした最高傑作。
━─━─━─━─━─

有名な作家さんとは言え
その作品をあまり読んでいないことに
読書記録を見返しながら気づきました。

ざっと確認したところで
よく、新潮文庫の100冊に入っている
「ぼくは勉強が出来ない」を、かなり以前に読んだぐらい・・・?

不覚。


なので、”最高傑作”と銘打たれている作品ですが
私の中では、他の作品と比較が出来ず・・・。
とはいえ、すごくいい作品集でした。

上述にもあるように、お互いにしか分からない愛の形を描いていまして
理解できるものもあれば、首をかしげたくなってしまうものもある
そんな中、私が一番好きな作品は、
2編目として収録されている「夕餉」でした。

結婚生活がうまくいっていない美々。
彼女は、清掃作業員の紘に惚れてしまい
彼の家に転がり込みます。
そこで彼のために、愛情をもって料理を作る美々。


いやぁ
正直、完全に”憧れ”として読んでいました、笑
私が料理をしない人間なので
大切な人のために!と思っても「必要ない」と言われると
「じゃぁいっか~」となってしまう
えぇえぇ。実家で今も暮らす、典型的なパラサイトですから・・・

料理が出来ない自分にとっては
自らの手料理を、喜んで食べてくれる人がいる
しかもそれが、自分の大好きな人である、という光景に
本当にうらやましさを覚えながら読んでいました。


美々は、今は紘と幸せな生活を送っているとはいえ
夫との縁が完全に切れたわけではないし
肉親である妹だって、嫌なことをいってくるなど
日々、懸案事項はあるわけで・・・

それでも紘の為に、手間暇かけて、手間暇かけることを惜しまないで
愛情溢れる料理を作る彼女の姿は、とても素敵でした。


映画化したいう表題作。
こんな短編を、よく映画にしたなぁと、逆に感心。
確かにいい原作ではありますが、2時間の映像にするのは難しそう・・・
変なエピソードを追加して、原作の雰囲気を壊していないといいのですが。。。
そういうのにとても幻滅してしまうんで、
映画を改めて見ることはしないでおこうかな。

読後、ちょっと時間をおいた今は、そう思います。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。