2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1Q84 BOOK 31Q84 BOOK 3
(2010/04/16)
村上 春樹

商品詳細を見る


ようやく読み終えました。1Q84です。
今春、BOOK3が出た直後から買い集めました。
流行に遅ればせながらの感想文です。


━─━─━─━─━─
そこは世界にただひとつの完結した場所だった。
どこまでも孤立しながら、
孤独に染まることのない場所だった。
━─━─━─━─━─

・・・「BOOK」データベースからは以上です。

BOOK2までは、青豆と天吾、二人が交互に描かれていましたが
BOOK3では、新たな視点が加わります。
2巻後半で、青豆が殺害した教祖。
その死の真相を追うべく、教団から依頼を受けた
牛河さんです。


みてくれは悪い牛河さんですが
調査の腕はなかなかのもので
青豆、そして天吾に徐々に迫ってきます。

やはり、人を一人殺してしまっている青豆に
こうしてどんどん忍び寄る影があると、ドキドキします。
なので私は、BOOK1、2よりも、この3が一番楽しんで読めました。
どうなるんだろう!?というキモチがはやるんですよね^^;

そしてやはり、村上ワールドにはまり込んでしまうと
なかなかこの空気から、離れられません。

お互いに会いたいと思い続ける天吾と青豆が
無性に切なくて・・・
ありふれた言葉、直接的な言葉なんてないのに
こんな切なさを感じさせてくれるのは、やはりすごいと感じます。

巷に溢れる展開が決まり切ったケータイ小説に、愛を感じるより
こういう文学でそうしたキモチを味わって欲しいと
本読みな自分としては、本を読まない人たちに
声高に言いたいです。

1984にあらず、1Q84。
ゆえに起きるのは不可解なことだらけ。
二つの月がある世界。処女懐胎に近い出来事。
私だって全てきちんとは理解できてないけれど
ひとにオススメしたいです。そこから感じるものを話し合ってみたい。


不可解なことは、本当に色々あるなかで
一番不思議だったのは、エネーチケーの集金のあの方。
天吾のお父さんということは分かるけれど
なぜ現れたのか? 何が目的だったか?
うーん、よく分からなかったです。
そして、怖い・・・。この執拗さ★
そりゃ、優秀職員と、評されるのも頷けます。



いつか、時間があるときに
一気に、それでもじっくり再読してみたいです。


前ブログで触れたことがあるのですが
私、卒論に「海辺のカフカ」を扱って、
熟読して、あの世界観はかなり理解したつもりなんですよね。
初めて読んだときは、この1Q84のように、
ふわふわとした理解しかできてなかったんですけど^^;

この作品にも、自分論を持ってみたい♪


続編は・・・不要かと思いました。
というか、時系列に沿ったなら、1Q85になってしまいますし。。。
BOOK0が出るんじゃないかという予想も巷にはあるようですが
はてさて。。。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。