2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さよなら妖精 (ミステリ・フロンティア)さよなら妖精 (ミステリ・フロンティア)
(2004/02)
米澤 穂信

商品詳細を見る



米澤穂信さんです。
既に、創元社推理文庫から、文庫も出ています。
インシテミルを読みたいと思いながら、まだ読めていない晩秋今日この頃。

━─━─━─━─━─
一九九一年四月。
雨宿りをするひとりの少女との偶然の出会いが、
謎に満ちた日々への扉を開けた。

遠い国からはるばるおれたちの街にやって来た少女、マーヤ。
彼女と過ごす、謎に満ちた日常。
そして彼女が帰国した後、おれたちの最大の謎解きが始まる。

覗き込んでくる目、カールがかった黒髪、白い首筋、
『哲学的意味がありますか?』、そして紫陽花。

謎を解く鍵は記憶のなかに―。
忘れ難い余韻をもたらす、出会いと祈りの物語。
気鋭の新人が贈る清新な力作。
━─━─━─━─━─

これは・・・
内容に触れないと感想文が書きづらいので
ネタバレを嫌う方は、ご遠慮頂くのがよろしいかと。。。

1991年、高3だった守屋たち。
彼らの前に現れた、マーヤ。
2ヶ月ほど一緒に過ごし、彼女は帰国。
彼女の行方が気になって仕方ない守屋は
一年前を邂逅しながら、彼女がどこから来たか?を
探るストーリーです。


メインは、マーヤと守屋達が過ごした2ヶ月間のお話。

日本語、日本の習慣に色々疑問を持って
質問してくるマーヤの姿に
生まれた国の文化でありながら、無知であることを
守屋たちと一緒に、私も気づかされることが多かったです。

そういう、スルーしてしまっていることを
外国人の目線を通して、上手に表現しているところを
巧いなぁ、と感じつつ・・・

男女が5人も集まれば、恋心が芽生えないはずもなく
そうした淡い思いも描かれるので、ともすると
今の守屋たちが、なぜ過去を邂逅しているのかを忘れて
青春小説のように感じてしまいます・・・

が!!
終盤、一気にミステリーでした。


以下、非常にネタバレです。





1991年は、私は小学生でした。
約20年も前のことならば、常識・世界史として知っておけ、という話なのですが
正直、私はマーヤの国に関して、本当に無知で
マーヤが唯一出した固有名詞そのものを
国名とさえ、思っていたり・・・(現在はないですしね)。


地理的にも、西欧ほどメジャーではないので
作中に登場する地図を見ないと、分かりませんでした。
”ユーゴスラビア”という地域。

物語終盤の展開で、たった20年前に
激しい戦争があったことを知りました。
そして今も、国名がよく変わっている地域なんですよね。

本当に、無知な自分が、しょうもなく思えた展開でした。


1991年当時、小学生だったこそ
この終盤の展開は予想もできなくて、
そういうミステリーなんだ!ということにびっくりできたことや
新しい気づきがあったので
私はこの本を、好評価します。

が、人にとってはそうではないという評価も多いようで・・・
読者の年齢層や、アンテナの広さによるのかしら?
ユーゴスラビアについて詳しい人なら
「何を今更」というようなストーリー展開でもありそうだし・・・・

なので、オススメできるのは自分と同年代や
ユーゴスラビアについて、あまり知識がない人向けかもしれません。
ここまで堂々とネタバレを書いておいて、
おすすめ!というのも、変な話ですが。。。。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。