2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オール・マイ・ラビング 東京バンドワゴンオール・マイ・ラビング 東京バンドワゴン
(2010/04/26)
小路 幸也

商品詳細を見る


丁度1年前、2009年の12月に
この、東京バンドワゴンシリーズを
既刊4冊、一気に読み、その世界に酔いしれていました。

うっかりその後、新刊の発売をチェックしていなかったら
なんと・・・
一年に一冊のハイペースで、4月に既に5巻が出ていたとは・・・。
教えて頂いたnaminnieさん、ありがとうございます^^


━─━─━─━─━─
下町の老舗古書店「東京バンドワゴン」に舞い込む謎を、
ワケあり大家族・堀田家が家訓に従い解決する、大人気シリーズ最新作。
今回も、ページが増える百物語の和とじ本や、
店の前に置き去りにされた捨て猫ならぬ猫の本など・・・
次々と不可思議な事件が起きる。

意外なあの人の一世一代の恋や、紺と恩師の知られざる過去、
イケメン社長・藤島の新たな決意など、
堀田家とその仲間たちのドラマからも目が離せない!

季節が巡り、それぞれが確かな一歩を踏み出すころ、
なんとあの人も海の向こうへ飛び立つことに!?

おせっかいで温かな堀田家の1年を綴る、
「旅立ち」がテーマの第5弾!
出会いと別れの季節に、あなたの背中を押してくれる、
とっておきの愛の歌を贈ります。
━─━─━─━─━─

4巻読了から1年も経つと
この大家族のメンバーことは覚えていても
周囲の人間関係やエピソードは、ところどころあやふやです・・・。
やはりこの本は、文庫にて、手元に置いておくべきかしら?

今までの堀田家を描いてきた作品と同様
それぞれの季節を1話とし、4編で1年を描く作品。
同じ日に生まれた二人の赤ちゃんの成長を
家族みんなで見守っているところが、なんともほほえましいです。

とはいえ、堀田家には相変わらず
色々と騒動が舞い込みます。


個人的には秋の話「さよなら三角また会う日まで」が好きでした。
迷いネコのエピソードや
東京バンドワゴンの大人達に降りかかる怪しげな出来事。
それらが解決されるシーンが
ほほえましくもあり、かっこよくもあり、素敵です。


このシリーズには、悪い人が出てこないから
本当に安心して読めます。
そりゃ、多少の悪役は出てきているかも知れませんが
根っからの、救いようのない悪人というのがいないので
嫌な気分にならずに、しかもミステリーも楽しめて
本当に楽しい作品です。

サザエさんとは違い、登場人物たちも年を重ねているので
特に、花陽や研人、こんごは鈴花ちゃんやかんなちゃんの成長も楽しみ♪


年末年始は、この家族の物語がすごくぴったりだと思うので
なんやかんやで、この季節に読めて、幸せな一冊でした♪
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。