2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


躯(からだ) (文春文庫)躯(からだ) (文春文庫)
(2002/11)
乃南 アサ

商品詳細を見る


乃南さんの短編集です。

━─━─━─━─━─
お臍の整形手術を娘にせがまれた母親。
女性の膝に異常に興奮する中年サラリーマン。
頭髪を気にして怪しい育毛剤に手を出した青年。
「アヒルのようなお尻」と言われた女子高校生。
顎を殴ることに魅入られたプータロー。

日常が一瞬にして非日常に激変する「怖さ」を描いた
新感覚ホラー小説集。
━─━─━─━─━─

上述の人たちが主人公の5編を収録しています。
印象的だったお話を抜粋してご紹介♪



「臍」
娘の臍の整形手術に付き合う母親。
そこで、母親自身の顔の美容整形も勧められ・・・


まず、でべそ以外の臍の整形手術があるという
前提条件に驚いてしまいました、笑

意外(?)なエンディングよりも
美容整形にどんどんはまっていく、母親の姿が怖かったです。
最初は、娘の、目立たない部分である臍の手術さえも
敬遠していたのに・・・
どんどん自分の顔をいじり出す母親・・・。
”美しさ”って、女子が永遠に追い求めるモノですからねぇ。。。
怖いです。


「つむじ」
髪の薄さを気にする青年。
年上の彼女から受ける、結婚のプレッシャーもあり
本格的に対策を考え始めたとき
知り合いから、治験モニターをすすめられ・・・


ううむ・・・・ww
これは、男性にとっては怖いんですかね?
いつ始まってしまうのか、
そもそも、始まるかどうかさえも分からない恐怖。

かといって、確かに
婚約段階の時点で、進行が始まってしまい
結婚してすぐに、若くして手の施しようがなくなると
確かに、嫌かも知れません・・・。
オシャレ坊主として、割り切ってくれるなら良いけど
治療・・・対策・・・
高いと聞きますからねぇ・・・^^;



ホラーとは言うものの、がっつり恐怖ではないので
私的には、軽く読めました。
とはいえ、作中に扱っている事例のいくつかは
実際に、その恐怖と戦っていらっしゃる方もいるでしょうし・・・

ぬぬぬ
日常生活、油断できません。。。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。