2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


神様のカルテ 2神様のカルテ 2
(2010/09/28)
夏川 草介

商品詳細を見る


今年度本屋大賞の2位入賞した作品「神様のカルテ」。
(前ブログでの記事はこちら→
来年、嵐の櫻井くん主演で映画化も決定しているこの作品の
続編を読みました。


━─━─━─━─━─
医師の話ではない。人間の話をしているのだ。

栗原一止は夏目漱石を敬愛し、
信州の「24時間、365日対応」の本庄病院で働く内科医である。
写真家の妻・ハルの献身的な支えや、
頼りになる同僚、下宿先「御嶽荘」の愉快な住人たちに力をもらい、
日々を乗り切っている。

新年度、本庄病院の内科病棟に
新任の医師・進藤辰也が東京の病院から着任してきた。
彼は一止、そして外科の砂山次郎と信濃大学の同窓であった。
かつて“医学部の良心"と呼ばれた進藤の加入を喜ぶ一止に対し、
砂山は微妙な反応をする。
赴任直後の期待とは裏腹に、進藤の医師としての行動は、
かつてのその姿からは想像もできないものだった。
━─━─━─━─━─

前作で、母校の大学病院に勤めないかという誘いを断り
本庄病院で働くことを選んだ一止。
同窓の進藤医師も加わって、新年度を迎えます。

相変わらず「引きの栗原」として
宿直当夜は、救急患者が多いと嘆かれつつも
病院スタッフからは、人望を集めています。

それゆえに聞こえてくる、スタッフからの
進藤医師への悪評判・・・。

学生時代は、決してそんな人間ではなかったのに
卒業後に行った東京で、一体何があったのか・・・?



確かに我々は、医療サービスを
受けられることが当たり前で、
そしてそのサービスは、間違いのないものとしてとらえがちですよね。。。

その提供者(=医師)の生活環境のことを
自分と同じものだと、考えていない節があることは否めないと
私は思います。


基本的にカレンダー通りのお休みで
精神的・体力的に厳しいという残業が続く訳ではない私でも
たまに、休日出勤を強いられると
不満たらたらになってしまいます。。。

耳が痛いお話でした。


また、後半には
前作から登場しているとある人物に
思いも寄らない出来事が起きます・・・。

ちょっとネタバラシしてしまうと
※以下白字反転。ネタバレが嫌な方はお戻り下さい・・・。


↓↓ここから↓↓
ある人物が、病気にかかっていることが判明し
本庄病院の医師達が治すべく尽力するのですが
結局、手遅れであることが判明してしまうのです・・・。


その人の望みを叶えるべく
スタッフ全員が力を合わせるシーン。
その優しさ、美しさに感動し、泣いちゃいました。。。

映画ではどうやら1作目までの映像化のようですが
このシーン、映像化したら映えるだろうなぁ・・・。

↑↑ここまで↑↑


相変わらず良妻ハルさんはぐぐっと光る存在☆☆
前作より、アパート住人達の活躍は少ないですが
いい続編でした。
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。