2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オー!ファーザーオー!ファーザー
(2010/03)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


今年の春に出た、伊坂作品です。
図書館で、半年間予約を待ちました(笑)

━─━─━─━─━─
みんな、俺の話を聞いたら尊敬したくなるよ。

我が家は、六人家族で大変なんだ。
そんなのは珍しくない?
いや、そうじゃないんだ、
母一人、子一人なのはいいとして、
父親が四人もいるんだよ。
しかも、みんなどこか変わっていて。

俺は普通の高校生で、ごく普通に生活していたいだけなのに。
そして、今回、変な事件に巻き込まれて―。
━─━─━─━─━─

伊坂さんの家族モノというと「重力ピエロ」が思い浮かびますが
それとはまた、雰囲気の違う一冊。
あの作品では、遺伝子を確認したりしていましたが・・・

主人公の由紀夫の母親は
なんと、由紀夫を妊娠した時期
4股をかけていたとのこと!!

でも、男達は母親の知代が大好きなので
別れることを選択せずに
そのまま、6人ぐらいを続けているという設定!!
親子鑑定をすればいい話なんでしょうけど
あえてそれをしないこの一家。

愉快な一家です♪


父親達のキャラクターが、みんな違ってみんな素敵☆
教師や、ギャンブラー。モテ男に、体育会系。

一家が巻き込まれる奇妙な事件を
それぞれの特性を活かして、大活躍してくれます。


単行本収録の伊坂さんのあとがきでは
刊行は遅くなったものの、執筆自体はかなり前にされていたそうで
第一期の終了という位置づけになる作品だそうです。

なので、初期の伊坂さんの雰囲気が大好きな私は
すごく楽しんで読めました。
最近の「モダンタイムス」や「ゴールデンスランバー」とは
確実に雰囲気が異なる作品です。


だけど、そんななか
唯一受け入れられなかったのが
由紀夫の同級生の多恵子・・・。
彼女の性格には、いくらフィクションとは言え
正直、疲れました・・・。

いい働きをする、欠かせない人物なんですけどね。

でも、こんな子が実際に周囲にいたら
私は間違いなく冷たくあたってしまいそう・・・★
男子高校生の由紀夫、なんだかんだ言って
女子には優しいんだなぁ、と目を細める感じで読んでいました(笑)


色々と作中、怪しい出来事が起こります。
きっと伏線になっているのだろういう気配は感じられるけど
それがどうつながるのかは、全く予想外だったので
やっぱり今回も読んでいて楽しかったです♪

表紙絵も素敵☆
新潮社さんから出る伊坂作品の装丁、どれも大好きなんですよね♪
スポンサーサイト

【承認待ちコメント】
このコメントは管理者の承認待ちです
【Re: No title】
毎回、TBありがとうございます。
あまりそうしたアンテナをはっていないので
こちらから貼ることが皆無で申し訳ないのですが。。。。
これからも縁ありましたら大歓迎ですのでよろしくお願いします!
この記事へコメントする















みんな、俺の話を聞いたら尊敬したくなるよ。我が家は、六人家族で大変なんだ。そんなのは珍しくない?いや、そうじゃないんだ、母一人、子一人なのはいいとして、父親が四人もいるんだよ。しかも、みんなどこ... ...

みやこの

Author:みやこの
favorite * 読書 〒

【2015年9月7日更新】
細々と更新中。

何かございましたら
下記メールフォームよりご連絡ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。